BLOG OF NADEGATA

ジャズとロードバイクを愛するガリガリサラリーマンの雑記。

日本を代表するオススメインストバンドその2〜toe編〜

こんにちは!なで肩サラリーマンです。

 

インストバンドっていいですよね、っていうの前回記事でお伝えしましたが、まだまだあるんですよ!!インストバンドでおすすめが!!

 

そこで今回もアツいオススメバンドを紹介したいと思います!!

 

ちなみに前回の記事はこちら↓↓

 

www.nadegatamusic.com

 

国内インストバンドの巨塔 toe(トー)

 

wikiより引用

toe(トー)は日本ポストロックバンドである。2000年結成。楽曲は、幻想的なサウンドを特徴としたインストゥルメンタルが多いが、SHAKKAZOMBIEのオオスミ、クラムボン原田郁子など、ゲストボーカルを迎えた曲もある。また、2枚目のミニアルバム「new sentimentality e.p.」では、ギターの山嵜がボーカルをとる曲もある。

こちらもインストバンドですが、 スペアザのようにたまに歌います。でもめったにないですね。本当に数曲。

ウィキペディアにも書いてあるようにとにかく幻想的なサウンドです。

 

メンバー構成はギター2本とベース、そしてドラムの計4名で構成されています。

いま調べて驚きましたが、メンバーの一人である山嵜廣和さんは内装インテリアのデザイン会社を経営されてるんですね!こんなギターのうまい社長ってかっこよすぎませんか(笑)

 

代表曲Goodbye/グッドバイ

 

イントロから徐々に広がるメロディーがかっこよすぎます。

 

PVは写真をいくつも貼り付けてパラパラ漫画風になっております。曲もgoodbyeといっておりますが、さよならや別れをイメージした楽曲でしょうか。和訳を調べたらかなり暗い。びっくりするぐらい暗い。まるでグッドバイとは世の中そのものに別れを告げているような。そんな歌詞でした。

 

4曲目に収録されていますね。

 

この曲は尻上がりに盛り上がるというなで肩大好きパターンを使ってくれています。そしてその盛り上がりを印象付けるドラムの柏倉さん。

日本を代表する名ドラマーといっても過言ではない変態的ドラムテク。

今はエルレガーデン細美武士さん率いるハイエイタスのドラマーでもありますが、

まったくハイエイタスのことを知らないころ、ドラムに特徴がありすぎてすぐ柏倉さんだとわかるくらい、個性的で美しいドラムを奏でます。

 

グッドバイに関しては土岐麻子さんも別のアルバムでボーカリストとして参加していますね。こちらのバージョンも聴きやすいのでオススメです。

 こちらはアルバムバージョンとして10曲目に収録されています。

 

もう一つの代表曲Ordinary Days

この曲は東日本大震災のあとに作られた楽曲で、シングルバージョンでは募金企画も組まれていたので思い出がある楽曲です。

直訳で「平凡な日々」

 

toeらしいシンプルな、でもどこか寂しげのある曲です。EPにも入っておりましたがEPバージョンよりシングルバージョンの方が好きですね。

 EPはこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

ジャズとは違うインストロックバンドのtoe。ギターとベース、ドラムの化学反応がとても楽しいバンドになってます。この手のインストバンドはどうしても楽曲が似てくるっていう傾向になりやすいのですが、どれも個性的でとても面白いです。

 

一緒にtoeの世界を堪能しましょう〜〜!

 

ではではっ!