BLOG OF NADEGATA

ジャズとロードバイクを愛するガリガリサラリーマンの雑記。

結婚式に使えそうなオススメBGM その2Sigur Rós(シガーロス)

ど〜も〜!なで肩サラリーマンです。

 

前回、結婚式に使える曲を少しだけ紹介しましたが、まだまだ探せばいくらでもあるので続編として紹介させていただきまっす!!

 

前回が王道とするなら今回は少し変わり種(?)を!!

 

何かの参考にしてくれれば幸いです〜★

 

前回の記事はこちら↓↓

www.nadegatamusic.com

 

Sigur Rós(シガーロス)

 

wikiより引用

 

ヨンシー(ジョンジー)、ゲオルグ、アウグストの3人によって1994年に、アイスランドのレイキャヴィークにて結成。バンドを結成した日にヨンシーの妹が生まれ、Sigurrósと名づけられたためバンド名もここから取った。「Sigur Rós」とは、アイスランド語で「勝利、薔薇」を意味する。1997年に発売された『Von』でアイスランドにてデビュー。1998年に『Von』のリミックス盤を発売し、一躍その名をアイスランド全体に知らしめる。

 

 現在は正式なバンドメンバーは2人となっているそうです。妹の名前からバンド名がつけられたなんて日本じゃなかなかないエピソードですね!

 

こちらのバンドはヴォーカルヨンシーのファルセットヴォイスが天使の歌声と形容されていて、神秘的な音を奏でるバンドとして世界的に有名です。

 

その中でももっとも有名な1曲


Sigur Rós - Hoppípolla (Official Video)

 

PVもなんだかお茶目で洒落てますよね〜!なんと言っても声が美しすぎる。

こんな楽曲を入場だったりお色直し後の入場に使っても神秘的な雰囲気を出せていい感じかもしれませんね〜!

歌詞もすばらしいですね。門出にふさわしいけれどもおしゃれすぎる?ちょっと普通とは違った式にしたい方にオススメですっ。

アルバムでは3曲目に並んでおりますね〜

 

 

 

あとこちらも


Sigur Rós - Inní mér syngur vitleysingur (Official)

 

 アイスランド語なのでさっぱり読めませんが、調べたら「私の中の狂想曲」という意味みたいです。

 

狂想曲、と題していてもすごく曲はキラキラしていて楽しげな雰囲気ですね。和訳もいろいろな意味に解釈されている方もいますが、「大好きな人を思い浮かべている時の気持ち」のような意味合いが大きいそう。

 

クライマックスにむけてだんだん曲が盛り上がっていくところを、そういう意味で聴いてみるとまたいいですね。いや、ほんと。

 

こちらも入場とかに使うととっても合いそう!というか調べたらなんだか自分の時に使えばよかったと思ってしまいました(笑)いい曲やで。。。

 

こちらはアルバムの2曲目に収録されていますね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は2曲だけですが、まだまだアーティストに絞ってすこしずつまったりまとめていきたいと思いますっ。

なにかの参考になれば幸いでございます〜〜!

 

ではではっ!