BLOG OF NADEGATA

ジャズとロードバイクを愛するガリガリサラリーマンの雑記。

初心者オススメ!聴きやすいj-jazz その4

こんにちは〜!なで肩サラリーマンです。

 

今日はジャズについてまた書いていこうと思いますっ!

 

聴きやすい、とか言っておりますが結局は僕のただの趣味なので、共感ことができたら嬉しいです!!

 

 

ではでは第4段いってみましょう!

 

 

SOIL&PIMP SESSIONS

wikiより引用

DJが主体であったクラブシーンにライブを持ち込んだパイオニアとして知られ、ライブを中心とした活動を身上としている。確かな演奏力とクールな雰囲気を漂わせながらもラフでエンターテイメント性にあふれた既存のジャズとは大きく異なるスタイルは「爆音ジャズ」と評される。メンバー自らは「デスジャズ (Death JAZZ)」と称している

 

 

いわゆるクラブジャズというジャンルのバンドになります。2001年ごろから活動をはじめ、多数のアーティストとセッションをしております。

これからジャズを聴いてみようかな、と思っている人にsoilをオススメする理由として、

 

コラボ楽曲がとにかくかっこよく、聴きごたえのあるものが多い、ということが挙げられます。

 

 

 

代表的なのが椎名林檎で、そのほかにもRADWIMPSの野田洋次郎、三浦大知、ライムスターなど、コラボCDはそのアーティストの違った一面が聴けてとっても楽しいですよ!椎名林檎はハマりすぎて違和感がないですけどね(笑)

 

この雰囲気がたまらない〜


SOIL&"PIMP"SESSIONS X 椎名林檎/MY FOOLISH HEART~crazy on earth~

 

 

個人的にオススメなのはヒップホップとジャズはここまでハマるのか!と思ったライムスターとのコラボ楽曲


SOIL &"PIMP"SESSIONS feat. RHYMESTER/「ジャズィ・カンヴァセイション」MusicVideo (short)

 

いや〜〜ハゲしいですね!!このあとの宇多丸さんパートもとってもかっこいいです!! 

ラップもフリースタイルというジャンルがあり、即興性の高い音楽なのでジャズとの相性は抜群ですよね!!

楽器とラップの掛け合いが最高です!

 

まとめ

ジャズでありがちな変態的変拍子の楽曲は少なく、クラブジャズというジャンルもあって聴きやすい楽曲の多いsoil&pimp sessions

 

好きなアーティストとコラボしている楽曲があれば、そこから聴いて見るのもいいですね!!

 

サックスの元晴さんが脱退していたのは驚きでしたが、これからの活動に期待です!!

 

 

では、では!