BLOG OF NADEGATA

ジャズとロードバイクを愛するガリガリサラリーマンの雑記。

超初心者向け!とりあえず聴くべきハゲしいJ-jazz

こんにちは!なでがたサラリーマンの自分です。

 

2日から活動するつもりが独自ドメイン設定に戸惑ってかけず、危うく頓挫するところでしたが

 

無事にブログを書くことができるようになったので新たな気持ちで頑張ります!

 

ではでは早速表題にもあるなでサラおすすめバンドの紹介をさせていただきます!

 

 

 

indigo jam unit 

サイトより引用

2005年結成、4名からなるインストユニット。

2006年からアルバムを年1枚のペースで発表している。

2013年バンド結成9年目9枚目となる"milestone"をリリースし、オリジナルアルバムセールストータルが10万枚を突破。

レコーディングは全て一発録音で、修正やダビングを一切せず、リアルなサウンドを追求。

クラシック、ジャズ、ファンク、ラテン、と、4人それぞれのルーツが色濃く反映された独自のクロスオーバーサウンドが特徴。 

 

このバンドは僕にとってジャズの入り口にいたバンドであり、このバンドとタワーレコードで出会わなかったらおそらくジャズが好きです!なんて言ってなかったような気がする、僕にとってそれほどの影響力のあるバンドだったのです。

 

最初に買ったアルバムはリリース三枚目のアルバム”REALism"のライブDVDつきバージョン。

当時20歳前後だったなで肩はタワレコで流れていて釘付け状態。

 

 

このライブDVDがすべてでした。

 

ジャズってこんなにかっこいいんだ。って。

 

あまりにも衝撃すぎて近くに住むドラムを叩く友人に連絡し、とりあえず聴いてくれ!!と無理やり家におしかけて無理やりDVDを聴かせたほどでした。

 

残念ながらもうこのDVD版は売っていなく(初回限定でした)、動画サイトなどでも配信されていなかったので映像を紹介することができないのです涙

 

ですが、PVなど一部ライブ映像はyou tube に公式に配信されており、 しかも探すとライブで一番盛り上がるといっても過言ではない楽曲の初披露の場面が上がっているではないか。

 

このバンドはツインドラムという手法をしたりするのですが、その真骨頂となるドラムの掛け合いがもうたまらない。。。

メインのドラマーは清水勇博さん。この方のドラムは本当に釘付けになる。

だんだんと曲のテンションが上がっていく様子が最高です。

 

 


indigo jam unit "Rush" first live take@JZ Brat

 

 

現在indigoは2017年夏に活動休止をしております。

活動再開を祈って、indigoを紹介し続けます!!そして仙台でライブをしてくれ〜〜!!笑

 

この楽曲”Rash"が入っているアルバム「Collectivity」は現在アマゾンミュージックやApplemusicで聞けます!!このアルバムから入るとかなりindigo jam unitの魅力にのめり込みやすいかと思いますよ!!

でも個人的には音源よりもライブDVDですね!!ほんとジャズは観るにかぎります!!

 

 

では!今日はこの辺で!!